顔のハリを取り戻すサプリランキング最新版

顔のハリを取り戻すサプリ!

 

顔のハリが失われる理由

 

肌は、表皮と真皮の二つの大きな層で分かれています。それぞれに役割があり、そのバランスが崩れると肌のハリが失われていきます。

 

表皮にはターンオーバーがあり、およそ4週間で古い角質層が剥がれ落ち、新しい角質層に入れ替わります。角質層は、角質細胞が積み重なっていて、その隙間にはセラミドを主成分にした脂質で満たされています。このセラミドと角質細胞をしっかりとつなぎ合わせて、水分の蒸発を防ぐことで、肌のバリア機能が高まります。ですから、ハリのあるきれいな肌は、水分が十分に存在し、正しいサイクルでターンオーバーを迎えていることになります。

 

また、肌の表面に存在する皮脂腺からは、皮脂が分泌されており、汗と混ざって乳化されることで、皮脂膜が形成されて肌を守る機能が高まります。皮脂のテカリが気になって、脂取り紙などで皮脂を取り除いてしまう方がいますが、取りすぎてしまうと、自然にできる皮脂膜を作ることができず、肌の水分を蒸発させてしまうことになります。ですから、拭きすぎはよくありません。

 

そして、真皮の部分はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが存在し、表皮を支える役割があります。また、繊細芽細胞が点在していて、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作って、古くなると分解処理をしています。

 

しかし、老化や紫外線、不規則な生活、ストレスなど影響を受けて作用が弱くなると、機能が低下します。すると、表皮を支える力が弱くなるので、ハリや弾力が損なわれ、しわやたるみ、の原因となるのです。このように、定期的に新しい肌に入れ替わり、ハリや弾力がある肌を保とうよしていているのです。

 

顔のハリのセルフチェック

 

ハリや弾力がなく、しわやたるみが目立っていると、顔の第一印象で、実際の年齢よりも老けて見られることがあります。また、逆にハリや弾力があり、しわがたるみがないと、実際の年齢よりも若く見られることでしょう。肌の状態は、老化によって、乾燥してハリや弾力が失われていきます。これを上手く食い止め、実際の年齢よりも若い印象で見られるようになりたいものです。

 

自分の肌は、鏡を返してみることしかできないので、自分の肌のハリがどのような状態なのか、手軽にできるチェックの仕方を覚えておきましょう。

 

まず、顔全体が移る鏡を用意しましょう。そして、親指を除いた4本の指でこめかみに当てて、その状態を保ったまま、手のひらをほほにつけます。そのまま手を顔の中心から外に力を入れずに引っ張ります。この状態になったら、鏡をよく見ていることになります。てください。目元に縦じわ、横じわが目立っていなければ、ハリ肌が保たれています。逆に目立っていたら、ハリが損なわれているでしょう。

 

顔以外でも、手の甲でチェックができます。手の甲を親指と人差し指でつまんで、上に引っ張ったときに、皮膚があまり伸びないときは、ハリ肌が保たれている状態です。

 

このように、ハリ肌のチェックの仕方は、簡単な方法でできるので、毎日のお肌のお手入れの前に取り入れて、肌の状態をチェックするとよいでしょう。ハリ肌のチェックをして、ハリが損なわれていると感じたら、いつもより時間をかけて肌のケアをしたり、食事に気を使ったり、睡眠を十分にとったりするなど、肌によいことをしてみましょう。

 

顔のハリと睡眠時間の関係

 

最近は、睡眠時間が短く、夜遅くなってから寝ている場合が良く見られます。このことから慢性的に睡眠不足になっている方が多いようです。仕事や仕事終わりの付き合いなどで、寝る時間が深夜12時を過ぎている、という方も増えています。しかし、たまに遅くなってしまうのは、仕方がないとしても、毎日寝る時間が12時を過ぎてしまう、というのは生活をしていると、肌のハリや弾力が損なわれたり、肌荒れの原因になったりします。

 

その理由は、疲労回復ができないから、というわけではなく、夜10時から深夜2時の間に分泌される成長ホルモンに関わるからです。肌は、およそ4週間のサイクルでターンオーバーを向かえ、新しい肌に入れ替わります。このとき、成長ホルモンがしっかりと分泌していると、古い角質や表皮などは剥がれ落ち、新しい整った肌に戻ります。この成長ホルモンが分泌される時間帯を「肌のゴールデンタイム」と呼ばれています。この時間帯に熟睡していないと、分泌される成長ホルモンの量が少なくなってしまうのです。ですから、夜10時から深夜2時の間は、熟しているのが理想なのです。特に、寝付いてからおよそ3時間前後は、細胞の活動が活発になります。

 

また、睡眠は疲れた体や心を癒し、疲労を回復させるだけでなく、肌を守る皮脂を分泌させて、肌荒れなどのトラブルを治す力もあります。

 

理想の睡眠時間は8時間といわれていますが、時間の長さよりも、質のよい睡眠が取れるように部屋の明るさや枕の高さなど寝具も見直してみるとよいでしょう。

 

顔のハリは腸内環境を正常に保つことが重要

 

ハリ肌のために、さまざまなケアをしているのに、満足のいく効果が感じられない、という方もいるでしょう。そのような場合は、ケアの方法のほかに原因があるかも知れません。

 

そこで、腸内環境が影響していることを考えてみましょう。腸内環境は、体のさまざまな影響を与えます。ですから、正常な状態なら、肌もよい状態であるといえます。逆に、乱れていると、肌も乱れた状態であるといえるのです。

 

便秘をしているときに、吹き出物やニキビができた、という経験をしたことがある場合は、腸内環境が乱れていることが原因といえます。腸内環境が良い状態の場合は、便秘になることは少なく、排便がスムーズにできているはずです。このようなときは、肌の状態もよく、トラブルが少ないでしょう。このようなことから、腸内環境は、肌にも影響していることがわかります。

 

腸内環境を整えるには食事が大切になります。食物繊維が多い野菜を積極的に取ってみましょう。特に水溶性の食物繊維がよいでしょう。ほうれん草やごぼう、セロリなどをメニューに加えてみましょう。それから、乳酸菌が多く含まれる飲料などで、整腸作用を高めて、便秘や下痢にならないように心がけてみましょう。りんごも整腸作用があるので、1日1個を食べ続けるとよいでしょう。

 

腸内環境を整えることで、肌の代謝がよくなったり、トラブルが少なくなったりした場合は、肌荒れは腸内環境が悪かったことが考えられます。腸内環境を整えることは、肌の状態が良くなるばかりでなく、健康にもよいので生活に取り入れてみるとよいでしょう。

 

顔のハリに効くサプリ成分

 

毎日の肌ケアをしなければ、肌の衰えは加齢とともにどんどん進みます。その進行を緩やかにして、衰えを食い止めることで、いつまでも若々しい肌を保つことができるのです。これは、単純に加齢だけではなく、20代や30代でも油断して不規則な生活をしていると、肌は衰えていきます。

 

ハリ肌に欠かせない代表的な成分は「コラーゲン」です。コラーゲンは、肌の深層部分に網目状に存在しており、コラーゲン同士を結んでいるのがエラスチンです。そして、それぞれの網目状の隙間は水分を含んだヒアルロン酸で満たされているのです。

 

このことからわかるように、ハリ肌に欠かせない成分は、コラーゲンのほかにエラスチン、ヒアルロン酸が大切なのです。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、食事からえた栄養素を元に、体の中で生成されていますが、年齢を重ねると、生成される量が少なくなります。

 

ですから、食事の内容を見直すよいでしょう。しかし、年齢を重ねると、食事の量そのものが減り、必要な栄養素が十分に取れなくなるので、美容成分が含まれた化粧品やサプリメントを取り入れると、簡単に補うことができるでしょう。また、これらの成分を効率よく吸収するためには、ビタミンC、Eのビタミン類も欠かせません。

 

そのほかには、コエンザイムQ10なども、ハリ肌に効果があるとされており、抗酸化作用も高いそうなので、健康にもよい成分として人気があります。さまざまな美容成分が含まれ、ハリ肌対策になるものが販売されているので、自分に必要なものを上手く取り入れるとよいでしょう。